バルトレックスでヘルペスと決別した女性

バルトレックスがすぐ必要なら病院、急がないなら通販

ヘルペスでお悩みの方はとても多いです。誰でもヘルペスは持っていると言われていますが、免疫力が落ちてしまっていたり、また体調が不良の時に特に症状として出やすいということがありますので、できれば早めに対応していきたいものです。
自然治癒でも治すことはできますが、時間がかかってしまうこともありますし、口元にできてしまうと、痛みももちろんありますが、見た目的にもデメリットがありますので、対処していくようにしましょう。内服薬としてバルトレックスという薬があります。これは、医師から処方してもらうことができる薬なのですが、今通販を利用して、個人的に取り寄せることもできるようになっています。
急いでいる、すぐに治したいという時には、病院で診察を受け、処方してもらうことがおすすめですが、数日ぐらいは様子をみてみたい、また再発した時のために用意しておきたい、ということでしたら、通販でも便利ですのでおすすめです。診察をしなくて良い分、安くなります。バルトレックスで性病に早く対処しましょう。
薬の飲み合わせとして、注意が必要になってきます。副作用がでやすくなる飲み合わせというのがあります。痛風の薬のプロベネシド(ベネシッド)、胃の薬のシメチジン(タガメット)、免疫抑制薬のモフェチル(セルセプト)、喘息の薬のテオフィリン(テオドール)などとの併用に注意するようにしましょう。
取り寄せて使う場合には、自己責任ということになります。やはり、確実にヘルペスであるとわかっている場合には大丈夫ですが、そうでなく疑わしいということでしたら、念のため病院で受診されることをおすすめします。色々なケースに対応してくれますし、症状に合った方法を提案してもらうことができますので安心です。

バルトレックスはヘルペス以外にも効果がある?

基本的にヘルペス以外には効果がありません。バルトレックスはヘルペスの特効薬であり、逆にヘルペス以外の病気には全く何の効果もありません。ただ、一口にヘルペスと言ってもその症状はいくつもありますから、一見すると別の病気のように見えるものに同じくバルトレックスが効果を発揮するということはありえます。ただその場合でも病気の原因となっているのは同じくヘルペスウイルスであることに違いはないはずです。
どのようにして効果を発揮するのかといいますと、ごく簡単に言えばヘルペスウイルスのDNA合成を阻害する効果を持ちます。ヘルペスウイルスも遺伝子であるDNAを持っており、それが複製されることで増殖し、病気になるわけです。ところが、誰が考えても分かることですが、むやみにDNA合成を阻害すると大変なことになります。ヒトの体の細胞も当然DNAがあり、それが複製されることで細胞分裂を起こしています。それが阻害されてはまともに新陳代謝が進まなくなり、私たちヒトの体も極めて大きなダメージを受けてしまいます。
バルトレックスはよく考えられた薬で、ヘルペスウイルスに感染してしまった細胞の中だけに存在するある酵素があって初めて活性化されるような構造を持っています。つまり、そのままではDNA合成に何の影響も及ぼさず、その酵素で活性化されて初めてDNA合成を阻害する働きを持っているのです。このことから分かるように、ヘルペスウイルスの増殖は抑制するものの、ヘルペスウイルスに感染していない正常なヒト細胞の増殖には影響を及ぼしません。当然ながら、それ以外のウイルス、例えば風邪やインフルエンザウイルスの増殖に対しても何の効果も発揮しないことが理解できるでしょう。

バルトレックスで治療!ヘルペスは完治する?

バルトレックスで治療することでヘルペスは完治するでしょうか。これは単純には言いにくいものがあるのですが、少なくとも、ヘルペスによる症状は完治させることができます。ヘルペスが発症することにより水泡が生じたりすることがありますが、そういう症状は完治させることができるのです。
ヘルペスとはウイルスです。ウイルスとは一般的にそれを直接叩く薬がなく、ワクチンくらいしか方法がないというのは知っているでしょうが、実はこのヘルペスがほぼ唯一の例外で、このウイルスの増殖の仕組みをよく理解して、その仕組みをうまく突くことでヘルペスウイルスの増殖を抑える薬が開発されたのです。バルトレックスは最初に開発された薬ではありませんが、その改良型です。
バルトレックスに含まれるの有効成分名はバラシクロビルと呼ばれますが、このバラシクロビルは、遺伝子DNAを構成する物質の一つであるグアニンに極めて構造が似ているのです。ヘルペスウイルスが増殖するときもウイルスのDNAが作られるわけですが、その際に本物のグアニンと間違えてバラシクロビルを使ってDNAを作ってしまいます。このようなDNAを持ったウイルスは残念ながらそれ以上増殖することができません。いわば、人為的に遺伝子変異を起こさせて増殖できないようにする薬なのです。
しかし、ヘルペスはやっかいなことに、症状が治まってもウイルスそのものは体内に潜伏するようになっています。バルトレックスはあくまでも増殖を抑制する薬にすぎず、特に増殖もせずただ潜伏しているだけのヘルペスウイルスを破壊するような力まではありません。ですから、体内にいるヘルペスウイルスを一掃できるかという意味では、バルトレックスにはそこまでの効果はないということになります。